クレジットカードはここを注意しよう=クレジットカードで得する生活

クレジットカードで得する生活
クレジットカードで得する生活 >> クレジットカードはここを注意しよう


  クレジットカードはここを注意しよう

 クレジットカードは現金の代わりとなるカードです。持っていると便利ですが、現金と同じ価値を持つため、その取り扱いには十分注意したいものです。

 では、どのようなことに注意すればよいのでしょうか?

▼ クレジットカードは人の見えるところに置かない
クレジットカードは、ネットショッピングに利用することができます。ネットショッピングでは、カード番号、有効期限、名前を入力すると、インターネット上で利用することができます。そのため、人の見えるようなところにおいておくと、誰かに勝手に利用されてしまうおそれがあります。
できる限り人目のつくような、机の上などにおきっぱなしにしたりしないようにしましょう。
▼ クレジットカードは車の中等には置かないようにする
車の中においておくと、もし車上荒らしの被害にあったときに被害が拡大してしまいます。また、無数のカードを置いておくと、どのカードを紛失したのかわからなくなってしまいます。カードの管理をしっかりする、被害を未然に防ぐ上でも、車には置いておかないようにしましょう。
▼ クレジットカードの明細書は必ずチェック
クレジットカードの明細書は、支払いが発生した月に発行され、自宅に郵送されます。つまり、使っていなければ明細書は発行されません。利用した日時、場所、金額が明細書には必ず明記されているので、きちんと確認しておきましょう。
知らないうちに使ってもいない金額を支払うようなトラブルを未然に防ぐためにも必要です。
▼ クレジットカードの利用は計画的に
クレジットカードになれないうちに、やたらとカードを使っていると、どのくらい使っているのか感覚がわからなくなってしまう方がいます。そうなると使いすぎてしまい、あとあと返済に苦労することになります。カードは簡単に利用できるのがいいところでもあり、悪いところでもあります。不必要に使うのは避け、なれないうちは月に1回までなど利用回数を決めたり、利用金額を決めて利用金額をメモしておくなど、使いすぎないようにしておきましょう。
当然ですが、カードを使う場合は手数料のかからない1回払いがお薦めです。
▼ クレジットカードを盗難・紛失したら
クレジットカードをなくしてしまったら、すぐにカード会社に連絡してカードを止めましょう。カードを止めておかないと不正に利用されるおそれがあります。
もしカードの盗難にあったり、紛失してしまったら、
 1. カード会社に連絡し、カードを止める
 2. カードの再発行
という手順をとりましょう。もしカード会社に連絡する前に第三者に利用されてしまった場合でも、連絡しておけば勝手に利用されてしまった料金を支払わなくて済む場合が多いです。
カード会社への連絡が遅くなればなるほど、第三者による不正利用のおそれが高まり、利用された場合の料金支払い義務が発生するリスクが高まります。もし何かあったら早めの対応が肝心です。

また、海外に行っている場合は特にそうですが、カード番号を控えておけば迅速に対応してもらえます。
▼ スキミングに気をつけよう
スキミングとは、カードを不正にコピーする手口です。スキミングされると、自分がカードを持っているのに、別の場所で自分のカードが利用されたりします。スキミングをされるタイミングとしては、
 ● カードを自分の手元から離したとき
 ● 国内の日本人のいないお店で使ったとき
にされることが多いです。スキミングは30秒もかからずにできてしまうので、スキミングを防ぐためには、
 ● カードを自分の見える範囲で利用すること
 ● あやしい雰囲気のお店では使わないこと
以上を守れば、スキミングの被害にはほとんどあわなくなります。心がけておきましょう。
▼ クレジットカードが不正利用されたら
使った覚えのない請求書がきた・・・そんなことがあったらすぐにカード会社に連絡しましょう。カード会社にもよりますが、ほとんどの場合に、カード不正利用の料金をカード会社が負担してくれます。とにかく明細が来たら確認する、不審な請求があったらカード会社に連絡するということが肝要です。

次ページ ⇒ 管理人自身の体験談!クレジットカードの不正利用被害




Copyright (c) クレジットカードで得する生活 All rights reserved.